社会保険とは

 

社会保険とは

社会保険とは、個人的なリスクである病気や怪我、出産、障害、労働災害、死亡、高齢化、失業といった生活上の問題について、貧困に陥ることを予防して生活を安定させるために国や社会が所得を保障し、医療や介護などのサービスを給付する制度で、社会保障のひとつです。

 

事前に強制加入の保険に入ることによって、事故が起こったときに現金や現物給付によって、生活を保障する相互扶助のしくみです。「一人は万民のために、万民は一人のために」という理念で成り立っており、それを国が運営しています。

 

日本には、医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の5種類の社会保険がありますが、求人票等で使われる社会保険は、一般的に厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険のことを意味していることが多いです。

 

広義の意味では、健康保険や厚生年金保険の他に雇用保険や労災保険、介護保険まで含んでいますが、狭義では、健康保険と厚生年金、介護保険などを意味しています。

健康保険

仕事外の原因で、病気や怪我をしたときに、治療費の補填をしてくれる制度です。また、病気で仕事を休まなくてはならなくなった時に、休業中の賃金の一部を補償してくれたり、産休中の賃金の一部を補償してくれたり、出産時に一時金で補償してくれたりすることも特徴です。さらに、高額な治療費に対する補填などもあります。

誰でも知っている制度のようですが、その中身については結構知らないのが通常のようです。

保険料は、事業主と労働者が折半で負担します。

厚生年金保険

厚生年金保険に加入している場合、加入者が高齢になった時に、国民年金に上乗せされる形で老齢年金が受給できます。

また、障害になったときは障害年金が、亡くなられたときは遺族年金が支給されます。

労災保険で、仕事中の病気や怪我、死亡が保障されますが、厚生年金保険では、仕事中、仕事外を問わず、障害年金や遺族年金が支給されます。

保険料は事業主と労働者が折半で負担します。

保険料の負担の重さばかりが目立っているようですが、その中身はとても良いしくみになっています。

介護保険

 

高齢化社会を背景に、寝たきりや痴呆の高齢者の問題を解決するために制度化されたものです。

訪問介護、訪問入浴、リハビリ、入所介護、福祉用具の貸与、特別養護老人ホームなどの施設利用などの給付があります。

保険料は、事業主と労働者が折半で納付しますが、それでも全体の半分であり、残り半分は国や地方の税金が投入されています。

雇用保険

 一般的には、失業保険と言われているものです。会社を辞めた時に、一定期間手当が支給されるもので、失業者の生活の安定を目的としたものです。辞めればもらえるというものではなく、仕事をする意思と能力がある人が、仕事を探している間受給するものです。仕事が見つからなくても、一定期間を過ぎれば手当の支給は打ち切られます。

保険料は事業主と労働者が折半で負担します。この他雇用保険2事業というのがあり、これは事業主が全額負担することになっています。

労働者災害補償保険

一般的に労災保険と言っています。仕事中や仕事が原因で病気や怪我をしたときに、治療費や治療のため会社を休んでいる間の賃金の一部を補償してくれる制度です。

治療費を全額国が負担してくれるほか、障害が残ったときは障害年金、亡くなられたときは遺族年金が支給されます。

通勤途中の災害についても、補償されます。

補償義務が本来事業主にあるため、保険料は全額事業主が負担します。労災が発生する確率から、業種別に保険料率が定められています。

お問合せはこちら
0270-64-1587

受付時間 : 9:00〜17:00

(土日曜祝日除く)

→フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る