建設業一人親方労災特別加入

 

建設業一人親方労災特別加入について
  • 一人親方とは、労働者を使用しない事業を行うことを状態とする自営業者およびその事業に従事する家族従事者を言います。
  • 労働者を使用する日数が、年間100日未満の場合も一人親方に該当します。
  • 一人親方は、建設現場などで仕事中に怪我をしたり事故に遭った場合、労災保険では補償されません。また、仕事が原因の病気や怪我は、健康保険の対象外となっています。
  • 特別加入していなかったために、事故に遭っても何も保険が適用できない(つまり、全額自己負担)ケースがあります。
  • 元請企業の建設現場に入るためには、特別加入していることが求められていることが多くなっています。
建設業で特別加入できる職種

 足場作り・石工事・ガス工事・ガラズ工事・掘削工事・建設現場での解体工事・左官工事・さく井工事・消防施設工事・水道工事・造園工事・大工・タイル工事・レンガ工事・ブロック工事・建具工事・鉄筋工事・電気工事・道路工事・塗装工事・鳶・土木工事・内装工事・内装仕上工事・熱絶縁工事・配管工事・橋げた工事・板金工事・フィルム工事・防水工事・舗装工事・屋根工事

当事務所の建設業一人親方労災特別加入の特徴 

国の労災保険なので安心です。

社会保険労務士が拠出して組織している労働保険事務組合ですので安心です。

会合などへの出席は一切ありません。

お申込み及び労災保険料・組合会費をお振込後、最短で翌々営業日から加入できます。

労災保険料及び会費以外の入会に伴う手続費用などは原則としてありません。

 

詳細はこちら

特別加入制度のしおり

 

建設業一人親方の労災保険料 
  1. 2013年度の金額です。
  2. ご希望の給付基礎日額を選択いただきます。
  3. 労災保険料の他、労働保険事務組合の会費として年20,000円(入会時)が必要になります。
  4. 上記会費の他は、原則として手続費用などは発生しません(一部例外あり)。
  5. 必要書類は特にありませんが、給付基礎日額4,000円または3,500円を選択させれる場合は、所得証明書が必要になります(注1)。
  6. 年度途中での加入の場合は、労災保険料は月割額になります。
  7. 特殊業務(粉じん作業、振動工具使用、鉛業務、有機溶剤業務など)に従事したことがある方は、従事期間により、健康診断が必要になります。健康診断に案内は、後日連絡いたします。
給付基礎日額     年間保険料
20,000円 138,700円
18,000円 124,830円
16,000円 110,960円
14,000円  97,090円
12,000円  83,220円
10,000円  69,350円
 9,000円  62,415円
 8,000円  55,480円
 7,000円  48,545円
 6,000円  41,610円
 5,000円  34,675円
     4,000円(注1)  27,740円
     3,500円(注1)  24,263円

給付基礎日額5,000円を選択し、2013年4月に加入した場合の必要となる費用の例

 

  • 必要書類はありません。
費用内訳     費用
年間保険料    34,675円
事務組合会費    20,000円
必要費用計 合計54,675円

 給付基礎日額3,500円を選択し、2013年11月に加入した場合の必要となる費用の例

 

  • 所得証明書が必要になります(継続して加入の場合は、原則、初年度加入時のみ)。
  •  保険料は、月割計算額です。(24,263円÷12ヵ月×5ヵ月)
費用内訳     費用
年間保険料 10,108円
事務組合会費 20,000円
必要費用計 30,108円

 

加入手続きの流れ 
STEP1

当事務所へ連絡

TELまたはFAX若しくはメールにて連絡をお願いします。

STEP2

申込書の送付

当事務所から申込書をFAXまたは郵送若しくはメールでお送りします。

STEP3

お申込みおよび振込手続

申込書に記入後、当事務所へ郵送してください。

STEP4

保険料および組合会費を振込

申込書郵送と同時に、指定口座へ振込をお願いします。

STEP5

加入員証を発送

原則、申込書及び振込確認の翌々日に加入となります。

お問合せはこちら
0270-64-1587

受付時間 : 9:00〜17:00

(土日祝日は除く)

→フォームからのご相談はこちら

▲このページのトップに戻る